【レビュー】上野ステーションホステルオリエンタル2に泊まってみた!【1泊2,300円~日帰り800円で使える灼熱サウナあり】

sponsoredlink

【レビュー】上野ステーションホステルオリエンタル2に泊まってみた!

上野ステーションホステルオリエンタル2はこんなホテル
・最安1泊2,300円で泊まれる大浴場サウナ付きのカプセルホテル
・大浴場サウナは日帰りOK!3時間800円~
・サウナは100℃越えでアツアツ!オリエンタル系列最強か?

上野ステーションホステルオリエンタル2に泊まってきました。

スポンサーリンク

上野ステーションホステル「オリエンタル2」の場所/基本情報

住所 東京都台東区上野6-9-9
最寄り駅 上野駅、御徒町駅など
チェックイン/チェックアウト 14:00/11:00
公式サイト http://uenost-hostel.com/oriental_2/

【注意】オリエンタルは1から3まである!

ホテル名 住所
上野ステーションホステル オリエンタル1 東京都台東区上野6-9-9
上野ステーションホステル オリエンタル2
(この記事で紹介するホテル)
東京都台東区上野6-9-7
上野ステーションホステル オリエンタル3 東京都台東区上野6-8-1

上野ステーションホステルオリエンタルは1から3までの3店舗があります。

全て上野駅と御徒町駅の間にある繁華街の中にあるので、どこが何番なのか紛らわしいです。

この記事で紹介するのはオリエンタル2です。

オリエンタル2と3は男性のみ泊まれるカプセルホテルで、女性が泊まれるのはオリエンタル1だけです。

オリエンタル2への行き方(上野駅から)

上野駅広小路口を出て上野御徒町中央通りに入る
JR上野駅からだと広小路口が一番近いです。
駅舎を出て、目の前の横断歩道を渡り、上野マルイの横にある上野御徒町中央通りに入ります。
後はこの通りを真っすぐ歩くだけです。
上野ステーションホステルオリエンタル2の外観(昼)
通りを2分ほど歩くと、右側にUENO STATION HOSTEL ORIENTAL②と書かれた看板が見えてきます。
同じビルにはパチンコ店のORIENTAL PASSAGEが入っているので目印にしてください。
上野ステーションホステルオリエンタル2の外観(夜)
夜は看板がライトアップされてわかりやすいです。
上野ステーションホステルオリエンタル2へと繋がるエレベーターホール
パチンコ店ORIENTAL PASSAGE入り口の隣にある小さなエレベーターホールがホテルへと続く唯一の入口です。
地図上だとJRの高架線側からもホテルに入れそうに見えますが、このエレベーターホールからしかホテルの中に入れないのでご注意ください。

エレベーターで4階に上がるとすぐにフロントがあります。
ロビーなどなく簡素なつくりです。

チェックインは予約したサイト名や自分の名前を告げた後、書類に住所などを記入してすぐに終わりました。
はじめて泊まることを告げると簡単に館内の説明をしてくれます。

ロッカーの鍵をもらい、近くにあるロッカールームへ。
ロッカー。中に館内着とタオルが用意されています。
ロッカーは上下段に分かれた細長サイズです。
横幅が狭いのでスーツケースを入れるのは難しいです。
荷物置き場
ロッカーとは別にスーツケースなどの大きい荷物を置ける場所が用意されているので大きい荷物がある方でも大丈夫です。
ただし鍵などは用意されていなく、むき出しのラックにしまうだけなので、貴重品はロッカーかフロント近くの貴重品ボックスに入れましょう。

さらにエレベーターホールに有料のコインロッカーもあったので、大きい荷物をどうしてもそのまま置きたくないという方はそちらへ。
(料金は24時間で小サイズ300円、中サイズ400円)

カプセルの種類は1種類(ごく一般的なカプセル。快適さ問題なし)

フロアガイド。2階から5階までの4フロアあります。
オリエンタル2のフロア構成を簡単に説明すると、4階に受付、ロッカー、大浴場、休憩室などメインの共用設備が全てあって、カプセルは2階、3階と5階にあります。

各階の移動は階段のみで、エレベーターはありません。

まずはカプセルの様子から紹介していきます。
3階通路
今回は3階のカプセルになりました。
3階はカプセルとお手洗い、洗面所、自販機やソファーがあるちょっとした休憩スペースがあるだけでとても静かです。


廊下とカプセルがあるフロアの間に扉がありますが、閉められないように固定されています。
(お手洗側から聞こえる騒音は特に気になりませんでした。洗面所にはドライヤーが設置されていなかったので静かに過ごせます。)
カプセルの外観①
カプセルの外観②
カプセル客室があるフロアはこんな感じになっています。
照明は暗めに設定されています。

オリエンタル1は広さや設備が異なる4種類のカプセルから選べるのですが、オリエンタル2は1種類だけです。


カプセルの外観からすると、つくりはオリエンタル1で一番安いキャビンルームとほぼ同じものだと思われます。

カプセルの中

カプセルの中①
カプセルの中②
カプセルの中は一言で言うと、普通のカプセルです。
(格安カプセルホテルだと普通であることがむしろ良いことなので褒めています。笑)

中は強化プラスチック風のツルっとした壁に覆われた、よくある一般的なつくりです。
よくも悪くも昔からある古いカプセルですが、シーツ、枕カバーは清潔で、細かいゴミ等も残っていなかったので不潔な感じはしません。

入口のカーテンも通路側から中が見えないところまで隙間なくしっかり閉まります。
カプセルの広さはおおよそ奥行き190cm、横幅100cm、高さ95cmほど
カプセルの広さを測ってみたところ、おおよそ奥行き190cm、横幅100cm、高さ95cmほどありました。

公式サイトではスタンダードキャビンなどの安いタイプは90cm幅と表記されていましたが、横幅はそれよりも少し広いですね。

敷布団が薄い?

敷布団は薄めのマットレス1枚
カプセルの弱点を挙げると、敷き布団が薄いマットレス1枚だけなので、慣れていないと背中が痛くなったりするかもしれません。

後はカプセル内にエアコン、換気扇などの個別空調が付いていないので、風呂上がりにすぐにカプセルに入ると蒸し暑くなります。

寝る際に問題になりそうだなと思った点はこれくらいです。

WOWOW、BSも映るテレビ

WOWOW、BSも映るテレビ
テレビは元々ブラン管テレビがあった場所に液晶テレビが設置されています。

チャンネルはキー局地上波放送以外にもBS1WOWOWなども映ります。
イヤホンは片方しかないモノラルタイプ。イヤホンはテレビから外せます。
置かれているイヤホンが片側しかないタイプなので、テレビをしっかり楽しんだり、いびき対策に使う際にちょっと不便です。
(イヤホンは自由に外せるので持参したイヤホンをテレビに挿して使うことはできます。)

コンセントは1か所のみ。
コンセントは1か所のみ。

無料Wi-Fiがカプセル内でも繋がる

Wi-Fiあり
お店が提供している無料Wi-Fiは3階のカプセル内まで届いていました。

洗面所・トイレ

3階洗面所
3階トイレ
洗面所とトイレはこんな感じです。
古さがあるものの、数が多いでの混み合う時間帯でも問題ないです。
ドライヤーが設置されていなかったので、カプセル側に大きな騒音が漏れてくることもなかったです。

-カプセルの感想-
寝る場所として特に問題はなく過ごせました。
昔からあるカプセルホテルの標準的なカプセルで、これといった褒めどころはないですが、不快な点がなかったので1泊の値段から考えれば申し分ありません。
カプセル内までWi-Fiが通っていて、家では契約していないWOWOW(1チャンネルだけ)が見れたので暇つぶしもある程度できました。
マットレスが薄い点だけ気になりましたが、特に体が痛くはなったりはしませんでした。
(最近カプセルホテル泊が増えているので耐性がついたのかもしれません。)

日帰りOK!大浴場&サウナとリクライニングチェア完備の休憩所


上野御徒町エリアのカプセルホテルの特徴は、お風呂とサウナを備えているホテルが多い点です。
多いというよりもほとんどのカプセルホテルに当然のように大浴場とサウナが完備されています。

さらに、ほとんどのお店で日帰り入浴を受け付けていて、宿泊者以外でも利用することができるのも特徴です。

オリエンタルも1から3まで全て風呂とサウナが設置されていて、日帰りの料金はどこも3時間800円~と格安です。
タオル、館内着、シャンプーなど必要なものは全て料金に含まれていて、テレビを見ながらくつろげるリクライニングチェアがある休憩室も使えるので、下手に手ぶらで銭湯に行くより安上がりで便利です。

以前泊まったオリエンタル①の大浴場は値段以上に良かったので、今回泊まっているオリエンタル②の大浴場もどんな感じが気になるところです。

大浴場&サウナの様子・感想

大浴場入口
大浴場とサウナは4階にあります。
入口がリクライニングチェアがある休憩室のすぐ近くあるので、お風呂から上がったらすぐに椅子に寝転がって休憩できます。


オリエンタル2の大浴場内のイメージ図
大浴場の主な設備はジェットバス付きの浴槽水風呂ドライサウナの3種類です。

大浴場全体の広さはオリエンタル①よりもややある気がします。
スーパー銭湯よりは小さく、街の銭湯くらいの広さといったところです。

シャワー12台(うちスタンディング式が2台)、浴槽は10人以上入れてサウナもあるので、20人以上が同時に利用していても混雑度は問題なさそうです。

常備されているアメニティ類はリンスインシャンプー、ボディソープ、ヒゲソリ、シェービングクリーム、ボディタオル、歯ブラシなど。
また冷水機の他に、氷で冷やされたレモン水も置かれています。

メインの浴槽はタイマー式のジェットバスが4機付いていて、お湯は他のオリエンタルと同じく人工ラジウム泉を使用しています。
浴槽の温度は42℃を差していました。

都市型の入浴施設でよく見る人工ラジウム泉ってなんだ?と調べてみてもいまいちよくわかりません。笑
まぁ深く考えず普通のお湯より身体が温まりやすいくらいに捉えておけばいいんでしょう。

サウナは100~105℃で熱め!

サウナはオリエンタル①よりも少し広いです。
ひな壇式のベンチは2段あり、入口から一番奥まではけっこう奥行きがあります。
20名以上収容できる広さがあると思われます。

サウナ室内の温度は100~105℃を指していました。
入った瞬間、明らかに一般的なサウナよりも暑いのがわかりました。

ベンチには一応タオルが敷かれているのですが、タオル越しに座っても1分も耐えられない、このまま我慢するとやけどをするのでは?と思うくらい熱かったです。笑
(サウナの入口横にビート板のような敷物があるので、それを使えば大分耐えれるようになります。)

オリエンタル①のサウナの温度も100℃ほどありましたが、体感だとこちらのほうが明らかに暑いです。
大浴場の設備はほぼ同じなので、サウナの熱さに興味がある方は②の方がオススメです。

私が宿泊した日は深夜と早朝にサウナを使っている人がほとんどいなかったので、空いている時間に行けばほぼ借り切り状態で使えるチャンスがあるのも良かったです。

水風呂は3~4名入れるほどの大きさで、温度は16℃後半から17℃でした。
休憩用のベンチは4席ほどあり、水風呂後の整い休憩もしっかりできます。

ロウリュ開催中!セルフロウリュもOK

ロウリュ開催中。セルフロウリュもOK
今回は利用しませんでしたがロウリュも実施しています。
14:00~20:00の間はセルフロウリュもできます。

通常時でもあれだけ暑かったのに、ロウリュをしたらどうなってしまうんだと想像しただけで肌が痛くなってきます。


ロウリュの開催時間はエレベーターにある張り紙には18:00と20:00と書かれているのですが、ビルの看板には16:00、17:00、18:00、19:00、20:00の1日5回実施と記されています。
どっちが本当なんでしょうか。笑

休憩室

4階休憩室
休憩室にあるリクライニングチェアは20席ほど。
全席個別のテレビとコンセントが付いています。

リクライニングチェアの背もたれはほぼ180度のフルフラット状態まで倒せるので、ベッド代わりに使えます。

21:00から翌日11:00までの最大14時間を休憩室で過ごせる深夜サウナプラン(2,500円)もあるので、ここで夜を明かしている人も多かったです。

上野ステーションホステルオリエンタル2の公式サイトはこちら

オリエンタルⅡ|上野ステーションホステルオリエンタル
タイトルとURLをコピーしました