【レポート】上野ステーションホステル「オリエンタル1」に泊まってみた!【1泊3,000円以下でスパ&サウナ付き、日帰り入浴は800円】

sponsoredlink

【レポート】上野ステーションホステル「オリエンタル1」に泊まってみた!【1泊3,000円以下でスパ&サウナ付き、日帰り入浴は800円】

上野ステーションホステル「オリエンタル1」はこんなホテル
・スパ&サウナ付きの和風カプセルホテル
(スパ&サウナのみは3時間800円!)
・カプセルはグレードの異なる4種類から選べる
・女性も泊まれるカプセルホテル
・近年改装済みのためフロアはきれい

上野駅近くにあるカプセルホテル、上野ステーションホステル「オリエンタル1」に泊まってきました。

sponsoredlink

上野ステーションホステル「オリエンタル1」の場所/基本情報

住所:東京都台東区上野6-9-9
最寄り駅:上野駅、京成上野駅
チェックイン/チェックアウト:14:00/11:00
公式サイト:http://uenost-hostel.com/oriental_1/

注意!オリエンタルは3店ある

ホテル名 住所
上野ステーションホステル オリエンタル1
(この記事で紹介するホテル)
東京都台東区上野6-9-9
上野ステーションホステル オリエンタル2 東京都台東区上野6-9-7
上野ステーションホステル オリエンタル3 東京都台東区上野6-8-1

上野ステーションホステルオリエンタルは1から3までの3店舗が存在します。

名前が番号以外同じで紛らわしいのに加えて、どれも上野から御徒町に続く繁華街の中にあるため、最初はどれがどこにあるのか分かりにくいです。

上野ステーションホステルオリエンタル1の外観。スシロー、セブンイレブンと同じビルに入っています。
上野ステーションホステルオリエンタル1の外観

同じビルにスシローやセブインイレブンが入っています。
JR高架線の横の通りにあるのがオリエンタル1です。
上野ステーションホステルオリエンタル1夜の外観
夜は看板がライトアップされてわかりやすいです。

入口を抜けるとすぐにフロントがあります。
ロビーのようなスペースがない狭いフロントでしたが、和風の内装が施された明るい空間になっています。

老舗安宿にありがちな渋いフロントではないので、カプセルホテルに慣れていない方でも非常に入りやすいです。

フロア構成

フロア構成。女性専用フロアあり。
1階がフロント
2階と3階の一部が女性専用フロア
4階がスパ&サウナ、仮眠室
5~7階が男性専用エリアになっています。

【カプセルの種類】「オリエンタル1」限定!4種類のカプセルから選べる

キャビンルーム
一番シンプルなタイプのキャビン
スタンダードキャビン
キャビンよりワンランク上のタイプ
モデレートキャビン
横幅120cmのセミダブルサイズ
スーペリアキャビン
デザイナーズホテルがプロデュースする新感覚キャビン
女性専用スーペリアキャビン
女性専用フロアにあるスリーペアキャビン

カプセルは種類の異なる4種類から選べます。(女性はスーペリアキャビン1種類)

キャビンの種類が選べるのは3店舗あるオリエンタルの中で1だけです。

今回は一番豪華そうなスリーペアキャビンに泊まってみました。

4種類のキャビンはなにが違うのか

キャビン スタンダード スーペリア モデレート
横幅 90cm 90cm 120cm 120cm
テレビ
1泊
最低料金*
2,500円 2,500円 3,100円 3,100円
ポイント 古いタイプのカプセル。
フロアあたりの個室の数が多い。
新しいタイプのカプセル。
スーペリアと同じフロアにある。
新しくオシャレなデザインのカプセル。
出入口が横側についている。
スーペリアとの違い不明。
写真では出入口が縦方向についている。
*最低料金は2019年7月時点、公式サイトの予約ページを参考にしました。

今回がはじめての宿泊でスーペリアしか使っていないため、完全な比較しかできませんが、まとめると各個室の違いは上記のようになります。

キャビンのフロア。一番グレードが低いカプセルだが、ごく一般的なカプセルで悪くない。
一番安い「キャビン」は昔からある典型的なカプセルで、ベッドの横幅が90cmと狭めの個室です。

空室をちらっと覗いてみたら、なんてことない普通のカプセルだったので、他店と比較して設備がボロいということはなさそうです。
スタンダードキャビンのフロア。カプセルが新しいタイプなのがわかる。
「スタンダードキャビン」
はカプセルの外観が新しかったので、改装で新しく入れた個室だと思われます。
個室はスーペリアキャビンもある6階にあるため、フロアの個室が少なく比較的静かです。
改装された、きれいな共用設備が使える点もポイントです。

ベッドの横幅が90cmとキャビンの横幅と変わらないので、広さの点でメリットがあるというわけではないです。

予約サイトでは、この2つの宿泊料金は同じなので、新しいスタンダードキャビンを選んだほうがお得な気がします。

「モデレートキャビン」は予約サイトに載っている写真が今回泊まった「スーペリアキャビン」とほぼ同じだったので、2つのどこに差があるのかはわかりませんでした。

強いて言えば、モデレートがベッドの足を置く側から出入りする一般的なカプセルなのに対して、スーペリアはベッドの横側にカーテンが付いているタイプだという点くらいです。

ベッドの横幅はどちらも120cm
です。

予約サイトではこの2つの宿泊料金は同じだったので、好みの方を選べばいいでしょう。

スタンダードキャビンに泊まってみた!

スーペリア特典① 個別ロッカーが少し大きい

スーペリア特典① 個別ロッカーが少し大きい
スーペリアの特典のまず1つめが、ロッカーの大きさです。

横幅が他のロッカーより広いつくりになっていて、大きめのリュックサックでも入る余裕があります。


さらに、他のロッカーが鍵で開けるタイプである一方、4ケタのダイヤル式になっているため鍵を持ち歩かないで過ごせます。

公式サイトのFAQを見ると、大きい荷物はフロントで預かってくれて、チェックイン前、チェックアウト後の荷物の預かりサービスもやっているそうです。

スーペリアカプセルの中

スーペリアキャビンのフロア。和風で明るい雰囲気。
スーペリアカプセルのエリアは和風の内装で飾られた明るい雰囲気になっています。
カプセルホテルというよりはオシャレなホステル風です。

キャビンがあるフロアは照明がほとんど落とされていて暗かったので、こちらとだいぶ雰囲気が違います。
スーペリアキャビンは横側から入れるので出入りが楽
カプセルのつくりは横側から入れる2段ベッドタイプになっています。

このタイプは入口が広いので出入りがしやすいです。
片側が他の宿泊者の寝室に面していないのので、圧迫感が多少和らぐ点も良いです。

スーペリアキャビンの中①
スーペリアキャビンの中②
カプセルの中は、よくある強化プラスチック風のツルっとした壁ではなく、しっかり壁紙が貼られた寝室らしい空間になっています。

ビジネスホテルの寝室をギュッと縮めたらこんな感じになるのでは。

リニューアルして作られらた個室ということで清潔感もばっちりです。

カプセル内設備

カプセル内設備

カプセルの中にある設備はテレビ、ヘッドホン、コンセント2か所、寝具など。

簡易的なイヤホンや操作盤にあるスピーカーでテレビを視聴するカプセルホテルが多い中、ヘッドホンを設置しているのが地味に嬉しいです。

スーペリア特典②カプセルが広い

スーペリア特典②カプセルが広い
カプセルの広さは、おおよそ奥行き195cm、横幅120cm、高さ95cmほどあります。
予約サイトでの説明通り、横幅120cmとカプセルにしては広めになっていて、窮屈に感じません。
肉厚マットレスで寝心地良し
マットレスはベッドに敷かれるような厚みのあるものを使っていて、寝心地が良かったです。

【気になったポイント】お手洗い寄りのカプセルは物音が結構聞こえる。
スーペリアカプセルはエレベーターホールへと続く通路とお手洗いが近くにある、フロア全体でみると手前側にあります。
通路とカプセル側を隔てる扉が付いていないので、ランドリーやドライヤーを使う音、ロッカーを開ける音が直に聞こえきます。
洗面所から離れた場所(窓、線路側)のほうが静かに過ごせるのでアタリです。

スーペリア特典③共用設備がきれい!

スーペリア特典③共用設備がきれい!

他の階の洗面所を使ってみてわかったのですが、スーペリアカプセルがある6階は全面的に改装がされています。

そのため、お手洗いをはじめ共用設備もきれいです。

左がスーペリアカプセルがある6階のお手洗い、右が一番安いキャビンルームがあるフロアのお手洗いです。

下も汚いわけではないものの、上の方が新しく、豪華な雰囲気があります。
(6階にはスタンダードキャビンもあるので、スーペリアだけの特典ではないです。)

【4階】日帰り3時間800円~!大浴場(スパ&サウナ)

【4階】日帰り3時間800円~!大浴場(スパ&サウナ)
お楽しみのスパ&サウナに入ってみます。

ちなみに、オリエンタルのスパ&サウナは1~3全てで日帰り入浴ができます。
料金は3時間800円~と銭湯でサウナを使うときとほぼ変わらないレベルの格安料金です。

シャンプー、タオルなどの一通りのアメニティは料金に含まれていて、リクライニングチェアがある仮眠室で休憩ができるので、銭湯よりもお得で便利です。

駅前立地のスパ&サウナをこの料金で使えるのは激戦区の上野ならではですね。

スパ&サウナの内部解説!日帰り浴場としても、格安カプセルの設備としても優秀です。

入口の暖簾をくぐると、4~5人が同時に居ると定員オーバーになるような狭い脱衣場に体重計と冷水機が置かれています。
壁に荷物入れがありますがカギはかからないので、貴重品は個別のロッカーに預けてから来ましょう。

脱衣所を抜けるとすぐに大浴場が現れます。
格安カプセルでかつ、日帰り入浴も3時間800円と破格なので、あまり期待していませんでしたが、中は思ったよりちゃんとしていました。

メインの浴槽は人工ラジウム泉で温度は熱めです。
タイマー式のジェットバスが付いていて、ボタンを押すともの凄い勢いで噴射します。
背中がカッチカチに凝っている人にはオススメです。

シャワーは10機以上あり、サウナ近くにはスタンディング式のシャワーも2機あります。
アメニティはシャンプー、ボディーソープ、ヒゲソリ、ボディスポンジが常備。

広めのテレビ付きサウナあり、水風呂は少し温い?

サウナは1度に10人以上入れる広いつくりになっています。
室内の温度計は100℃を指していました。

奥行きがそこそこあるので、人が出入りするときの冷気を味わいたくない修行僧なサウナーの方は奥に座れば安心です。
熱々の熱気を感じたいときは、サウナストーンの近くに座るとじっとしていれないほどの熱さが味わえます。

水風呂は定員4名ほど。
温度は16℃を指していましたが、体感的にはちょっと温く感じました。

私はサウナ後の水風呂が低めだとしっかり整うので、もう少しキンキンに冷えていたら最高でした。

ととのい(休憩)用のベンチもしっかり完備されています。(確か3席ほど)

ロウリュウが夜に5回開催

ロウリュウは16:00、17:00、18:00、19:00、20:00の5回開催
今回は利用しませんでしたが、毎日ロウリュウを開催しています。

初回16:00から1時間おきに、最終回の20:00まで計5回とけっこう頻繁にやってますね。

無料アメニティ完備、コインランドリーも設置

4階洗面所
大浴場を出てすぐにある洗面所には、ドライヤー、コーム、歯ブラシ、綿棒、スキンミルク、スキンローションなど一通りのアメニティが常備されています。

宿泊者はここ以外にも空いているカプセルフロアにある洗面所でゆっくりと支度できます。

コインランドリーも設置
料金は洗濯機が1回200円、乾燥機が30分100円

館内着・タオルは料金込み

館内着・タオルは料金込み
館内着、ハンドタオル、バスタオルは宿泊料金に含まれています。

まとめると、サウナメインであれば十分楽しめる大浴場です。

日帰りなら3時間800円でつかえるわけですからね。

私はサウナと水風呂があって合間に休憩ができるスポットがあるだけでけっこう満足なので、泉質とかサウナや水風呂の設定とか、細かいところにこだわらなければまったく不満がないです。

気になるのは、日帰り利用者も使える分、普段どれだけ混雑するかという点ですね。

私は空いているだろうと思って、終電前後の時間に行ったのですが、そこそこ利用者がいました。

オリエンタルが3店あるのに加えて、上野はスパ&サウナ激戦区で日帰り入浴ができる施設がたくさんあるので、一番混む金曜夜や土日でも分散はされるとは思いますが。

【4階】仮眠・休憩室

仮眠室①
スパ&サウナには欠かせないリクライニングチェアで休める仮眠・休憩室もしっかりあります。
ここもリニューアルしたのかとてもきれいです。

24時間営業なのでここで夜を明かすこともできます。

公式サイトに“【スパ】深夜2,500円”という表記があるので、詳細はわかりませんが深夜帯の滞在は割増料金がかかると思われます。

仮眠室②
リクライニングチェアは18席ほど、すべてにテレビとコンセントあります。
背もたれとフットレストが全自動で動かせるハイテクなもので、角度はほぼフルフラットの状態まで調節できます。

漫画の数は気持ち程度
漫画と雑誌が置かれてますが、数はおまけ程度といったところです。

身体も動かせる?

チンニング台、バイク、パターゴルフ、足つぼマットで身体も動かせる?
チンニング台、バイク、パターゴルフ、足つぼマットなど運動・健康器具がそっと置いてあります。

パターゴルフは人通りが多い通路に置いてあるので、やっていると目立つので少し恥ずかしいです。(笑)

上野ステーションホステルオリエンタル1の公式サイトはこちら

オリエンタルⅠ|上野ステーションホステルオリエンタル